転職サイトの評判や口コミ情報をもとにおすすめを紹介!

転職サイトかたろぐ

全ジャンルの転職サイト情報を掲載中

最終更新日:2021年 11月 27日 (最新ランキング情報)

Home|転職するなら、転職サイトかたろぐ<<公式>>

すぐに転職しない人でも転職サイトは有効?

転職サイトには、今すぐにでも求人を紹介してほしい向けのサービスと、今はそれほど考えていない、、、少し気になっているだけ、、、という人向けのサービスもあります。(後者の方はごく少数ですが、、、。)

転職する意思がほとんどないのに、前者のタイプに登録すると、担当者の手厚いサービスも「温度差」を感じて、しつこい・面倒・強引なんて印象を持ってしまう場合があります。

すぐに転職しない人でも利用する価値が高い(選ぶべき)転職サイトは、企業の口コミ情報とか、年収状況を調べる事ができるタイプで、言うまでもないですが転職を急がせない会社です。

 

転職サイトを利用するメリットとは?

共通する最大のメリットは、転職のプロ(担当者)の専門的なサポートによって、転職活動の手間を大幅に省き効率良く、条件に合った求人情報を収集できる事につきます。

  • 忙しくて求人情報を探せない。
  • 現在の雇用条件の相場が分からず、良い求人・悪い求人を見分けられない。
  • 転居に伴う転職で、土地勘がなく仕事探しに難渋している。
  • なかなか、条件に合う求人に出会えない。
  • ブランクありで、転職に不安を抱えている。
  • 初めての転職なので、分からない事だらけ。
  • 非公開求人に興味がある。
  • 今すぐにでも仕事が欲しい。

こんな人に、転職サイトは、非常に心強い転職活動最大の武器になるはずです。

全ての転職サイトには、それぞれに特徴・専門分野があったり、質の違い、対応エリアの違いなどがあります。

選び方さえ間違わなければ、きっとあなたの転職成功を丁寧にエスコートしてくれるでしょう。

ランキングをクリック▽

ランキングボタン

 

転職サイト利用の流れ

どの転職サイトを選ぶかさえ決まれば、後の転職活動は非常にスムーズです。

業種によって若干異なるものの、概ね以下の6stepの通りに進みます。

転職ステップ1:無料登録
転職ステップ1

まずは、お目当の転職サイトにWEB無料登録です。電話だと、なかなか繋がらずストレスに感じたり、余計なやりとりが必要になる事がありますが、WEB登録ではそれがありません。所要時間もだいたい1分程度で、しかも無料です。

必須項目は、

①名前
②メール
③電話番号

となっていて、それ以外の項目については各転職サイトによって多少変動があります。

次はステップ2をクリック▽

転職ステップ2:担当者と相談
転職ステップ2
無料登録後は、担当者から「メール」or「電話」で本人確認が入ります。

電話がきた時に対応できなくても、だいたい1週間以内に本人確認をすればOKとなっているので、電話に出られなかった時は、掛け直すか次の電話を待っていましょう。step1の段階で、連絡可能な時間帯を自由記入欄などに記入しておくと確実です。

本人確認が済むと、転職の意思確認や、「転職先に求める希望条件」や「現在の悩み・問題」などのヒアリングです。転職に関する不安があれば、ここでしっかりと伝えましょう。

転職条件が明確になっていない場合は、担当者への相談(ヒアリング)を後日にしてもらう事もできます。

※ 転職サイトによっては、「メール or 電話」「来社して面談」「利用者指定場所にて面談」などがあり、担当者と直接会う場合と、連絡をとりあうだけの場合があります。

次はステップ3をクリック▽

転職ステップ3:求人紹介
転職ステップ3

希望条件に合致(もしくは、もっとも近いと思われる求人)を複数ピックアップして紹介してくれます。

「もっと、オイシイ求人がありますよ!」と、担当者がこっそり(?)、非公開求人を教えてくれる場合もあります。

また、「給与・雇用条件の調整」などについて雇用主に対し代理交渉をお願いできる場合もあります。

これらについては、転職サイト運営会社と担当者の力量によるところが大きいです。これが、転職サイトを選び間違ってはいけないとしている理由の1つです。

次はステップ4をクリック▽

転職ステップ4:面接日程の調整
転職ステップ4

紹介された求人の中に、気になる求人があれば、面接や会社見学・施設見学などの日程調整に入ります。

面接日などは、担当者が調整してくれるので、都合の良い日をピックアップして伝えるだけでOKです。

ひと昔前と比べると、仕事しながらの転職活動や、家事の合間をぬっての転職活動もだいぶ楽になっているんです。

次はステップ5をクリック▽

転職ステップ5:面接
転職ステップ5

基本的には、通常の就職面接と同じですが、転職サイトを介しているので、厳しい面接になる事は少なく、スムーズに進む傾向にあります。

企業側も紹介された人を無下に扱う事はできませんからね。

次はステップ6をクリック▽

転職ステップ6:転職完了!
転職ステップ6

転職サイトを介した転職は合格率が高いとされています。

もし、「やっぱり他のところも見てみたい」という想いが出た場合には、一旦保留にして他を紹介してもらえます。

「面接=即入社」の義務はなく、また、入職日についても双方が納得のいく期日で調整する事になるので、現在の職場への余計な心配はいりません。

全てが済めば、入職日を待つだけとなり、晴れて転職完了となります。

柏原マイ
登録がまだの人はコチラのランキングからどうぞ。

まずは、自分に合った転職サイトを見つけてみて下さい。転職サイトかたろぐは、職業分野別・資格別の人気転職サイトランキングを毎日更新中です!

ランキングをクリック▽

ランキングボタン



もし、

「根性だけで地道に求人を探す!」

「求人雑誌で探せる範囲でOK!」

「そもそもスマホなんて持ってない!」

そんな人には、あまり転職サイトのメリットを感じる事ができないかもしれません。

転職活動に「絶対」はありません。転職サイトを使わないと転職できないわけでもありません。

転職サイトを有効活用するか・しないか、それは自分次第とも言えます。

 

→ 転職を考えているのに、まだ転職サイトに登録していない人

→ 未だに、求人雑誌ばかりを眺めているだけの人

→ 転職したいと思いながらも行動に移せていない人

そんな人たちにアドバイスがあります!

「転職とは何か?」を説明した上で、「どうすれば現状を変える事ができるのか?」について、少しだけアドバスをさせて下さい。

 

転職とは何か?と聞かれた時、

「転職=職業を変える」

と思っている人もいるのではないでしょうか?

でも、少し違います。

難しい言い方になってしまいますが、

転職とは、

「正規雇用の被雇用者が、これまでの雇用契約を解消し、別の雇用主と新たな雇用契約を結び雇用されること」

を指しています。

つまり、職業を変えるという事も含んでいますが、「働く場所を変える」が正しい意味になります。

柏原マイ
どちらかと言うと、職種は変更せずに、雇用主だけを変更することを意味している事が多いわね。

ちなみに、「転職」について、独立や開業、起業を指す場合(すなわち自営業を始めることなど)もありますが、当サイトでは、

『独立や起業ではなく、
雇用主を変更すること』

と定義し、転職を扱っています。

 

一言で「転職」と言っても色々あります。

  • 新しい、「未経験の仕事」への転職
  • サラリーマンや、OLの「一般職」の転職
  • 専門資格を持っていて、その強みを活かした「専門職」の転職

当サイトでは、転職を考えている方々が、実際に動きだす最初の一歩である「転職サイト選び」がスムーズにいくように、役立つ情報を提供しながら、転職希望者のお役に立てるように取り組んでいます。

当サイトは、「本当に選ぶべき転職サイト」を紹介する事しかできませんが、キャリアアップや待遇改善・環境改善を望む人を応援します!

 

あなたが転職したいと思っている理由は何ですか?

  • より良い職場環境・雇用条件で働きたい
  • 能力にふさわしい給与や賞与が欲しい
  • 心から信頼できる同僚や先輩のもとで働きたい
  • 労働者を大切にする会社・企業に貢献したい

絶対に手に入れる事ができるとは限りませんが、

少なくとも、行動しないと何も変わりません。

 

自分にとって、「本当に良い職場」で働くには2つの方法があります。

一つは、今の職場の状態を変える事です。

もう一つは、今の職場を変える事です。

 

どちらにしても、自分が行動を起こす必要があります。

不満だけ言っているようでは、残念ですが何も変わりません。

多くの人は、「変わりたい」「変えたい」と言って、現状の問題を解決させたいかのような事を言いますが、

多くの人が、「今は、ちょっと、、、」「もう少ししたら、、、」と、今行動する事を避けようとします。

そして、気づいた頃には、より行動しにくい状況になっている事に気づき、最終的には行動する事を諦めます。

 

「本当に良いとは思えない職場」を、「本当に良いと思える職場」に変えるためには、

まさに今、行動を起こす必要があるのです。

明日とか、来月とか、来年とか、、、ではありません。

今から、動き出す事が重要なのです。

 

では、職場の状態を変える事と、職場を変える事は、どちらが良いのでしょうか?

 

この選択肢は、その人の置かれた状況によります。

ただし、多くの場合で、職場を変えるほうが、短時間かつ、大きな苦労をする事なく、ほぼ確実に良い方向へと変化を起こせます。

なぜなら、自分を変える事は簡単ですが、人を変える事は難しいからです。

 

人を変えていくのは、其れ相当の努力・根気・根性がいります。

裏切られても、裏切られても、諦めずに、ひたむきに取り組む必要があります。

それでも、望み通りの状態に変わる保証はありません。もし、良い方向に変わるとしても、それが、いつからなのかは分かりません。

見えないゴールに向かってひたすら我慢と努力を続ける必要があります。

 

例えば、年収アップを考えた時に、昇給がない会社から、昇給5,000円を得ようとした時に、上司、雇用主に掛け合い、なんども面接を繰り返しながら、自分の実績・貢献度を認めてもらい、最初は、首を横に降っている雇用主と根気強く向き合い、首を縦に降ってもらえるまで頑張り続ける必要があります。

近年は、どこの会社や職業も、以前より昇給しにくい現状にあるので、雇用主に掛け合って昇給を獲得するというのが、相当に厳しい事を理解できるはずです。

もし、首を縦に降ってもらったとしても、3,000円程度の昇給に落ち着き、交渉に勝ったのか負けたのか、よく分からないような状況になる可能性もあります。

最悪の場合は、「能力以上に報酬をもらおうとする欲張りな奴だ」というレッテルを貼られる危険性まであります。

 

このような、尋常ではない努力ができて、今の職場を辞めれない理由がない限り、かなり非効率な昇給への挑戦であり、誰にでもオススメできる方法ではありません。

 

しかし、転職(雇用主を変える)なら、「昇給」がそこまで「複雑な話」になる事はありません。

今より良い条件を呈示してくれる会社・雇用主を見つけ、その会社・職場に転職すれば良いだけです。

 

現在では、転職サイトという、無料で便利な最強のツールがあるので、コネクションがほとんどない人や特殊な技能を有していない人でも、良い条件を呈示してくれる会社・雇用主を見つけやすくなっています。

 

転職サイトのシステムは非常にシンプルで、担当者に「現状の不満」や、「希望条件」を伝えるだけで、その人に合った(もしくは、合っているであろう)転職先候補をピックアップしてくれます。

さらには、給与面や雇用条件について、より良い雇用契約を結べるように代理交渉を行なってくれるところまであります。

 

求人雑誌を買い漁る必要は一切ありません。

地道に、会社のホームページの求人ページへひとつずつアクセスする必要もありません。

必要な事は、転職サイトに登録し、「現状の不満」「希望条件」を担当者に伝えるだけです。

 

これなら、すぐにでも行動に移せると思いませんか?

現状を変えるために重要な事は、「行動に移す事」ただそれだけです。

「登録し、現状と希望を言う。」これさえもできない人に現状を変える事はできません。

 

もし、現状を変えたいと、真剣に考えているなら、一歩だけ前に進んでみて下さい。

引き寄せの法則と同じように、ポジティブな方向に動き始めると、良い事の連鎖が次々に起こりはじめ、自分が望んでいた事が手に入れれるようになるかもしれません。

柏原マイ
ついつい、現状の不満ばかり言ってしまいがちですが、

今の悪い状況を良い方向に変えるには、自分自身のポジティブな行動が重要なんですよね!

 

 

でも、ちょっと待って下さい!

転職サイトなら何でもOKと思っていませんか?

実は、本当に自信を持っておすすめできる転職サイトはそう多くはありません!

転職サイトの乱立により、

  • しっかりとした転職サポートを行わないブラック会社
  • 特定の企業や会社と癒着したグレーの会社

なども出てきています。

柏原マイ
安易に選ぶと失敗するリスクがあるので注意しましょう!

どの転職サイトが本当に良いのかを調べもせず、「あせって登録した結果、適切な転職サポートを受ける事ができなかった」という人もいます。

しっかりと調べれば、「良い転職サイト」と「悪い転職サイト」の見分けはつくのですが、これをせずに安易に選んでしまうと、ほぼ間違いなく失敗します。

これからの人生が決まる転職が、実は、ギャンブル性を持っているって恐ろしいですよね。なので、登録する転職サイトは最新情報をしっかりと収集した上でどれを選べば良いかを吟味して決めましょう。

 

なお、当サイトでは、真剣に行動を起こそうと考えている人が、失敗を犯さないために、

ありとあらゆる転職サイトを徹底調査した上で、「本当に選ぶべき転職サイト」をランキング形式で紹介しています。

また、掲載されている転職サイトについては、当サイト独自の基準を設けた上で、信頼するに値する転職サイトだけに限定して掲載しています。

さらに、ランキングの更新については、毎日行なっているので、情報が古くなっている心配もありません。

もし、転職サイト選びで迷っているなら、当サイト「転職サイトかたろぐ」を、「信頼できる転職サイトのネットカタログ」としてご活用下さい。

柏原マイ
あせって、登録せずに、ランキングをチェックして決める事をオススメします。
ランキングボタン

 

専門職別ランキングはコチラ▽

ランキング
対象者・条件
一般職 ▽
一般職・総合転職サイトランキング
※ 資格必要なし
ハイクラス転職サイトランキング
年収500万円以上、技能あり
第二新卒者転職サイトランキング
第二新卒者、20代
医療・看護師・介護・保育▽

看護師、准看護師、保健師、助産師
リハビリ転職ランキング
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

介護福祉士、ケアマネージャー、介護職員実務者研修、ホームヘルパー1級・2級、介護職員初任者研修、社会福祉士、社会福祉主事任用
※無資格者一部対応

薬剤師

保育士、幼稚園教諭
医療以外の専門職・士業 ▽
全8士業(弁護士・会計士・税理士など)転職サイトランキング
弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士、海事代理士
IT・WEB・SE転職サイトranking
IT・WEB関連職経験者、システムエンジニア
その他 ▽
アルバイト・パート転職サイトランキング
※ 資格必要なし
タクシードライバー転職サイトランキング
運転免許証(取得後3年以上要)
副業・隙間時間のお仕事募集サイトランキング
※ 資格必要なし

転職サイトの数が少ない専門職についてはランキングがない場合があります。ご了承下さい。

 

一般職以外で扱っている専門職については、以下の通りです。

本当に選ぶべき転職サイトのランキングについても、職業別ランキングとなっているので、該当する職種の方は必ずチェックしてみて下さい。

転職カタログで扱う専門職一覧

医療・看護・介護・保育 ▼ 分野ランキング
ページ
看護師医療
ランキングページ
准看護師医療
保健師医療
助産師医療
薬剤師医療
ランキングページ
理学療法士リハビリ
ランキングページ
作業療法士リハビリ
言語聴覚士リハビリ
介護福祉士介護
ランキングページ
介護職(無資格)介護
保育士保育
ランキングページ
幼稚園教諭資格保育

 

更新日:

Copyright© 転職サイトかたろぐ , 2021 All Rights Reserved.