介護辞めたい

私は、医療・介護職が専門の職業カウンセラーの柏原です。

医療・介護職の中でも、看護師さんや介護士さんのクライアントが一番多いです。

柏原マイ
少しだけ、医療・介護職が専門の職業カウンセラーのお仕事の話をさせていただきます!

 

最初、多くのクライアントに勘違いされるのですが、

私の仕事は、職業カウンセリングであり、転職先の紹介などは一切行っていません。

最近流行りの退職代行屋さんでもありません。

 

もし、

「転職した方が良い!」

というカウンセリング結果が出たり、

 

「辞めて、職場を変えたい!心機一転したい!」

という希望を確認できた場合には、その人の特性に合っている人材紹介会社の担当者に繋ぐ事はあります。

 

過去には、残業代未払いのまま退職する事になった場合に弁護士さんを紹介する事もありました。

 

でも、あくまでも私の仕事は職業カウンセリングです。

人生の中で多くの時間を占める「仕事」について、内面的なサポートを行っています。

 

職業カウンセラーの柏原の仕事について

私の仕事は、

クライアントの話に耳を傾けながら、

  • 今の仕事を続けるべきか?
  • 何に悩んで「介護職を辞めたい」と考えているか?

などを分析して、クライアントの適職について一緒に考えたり、メンタルヘルスケアを行うことです。

 

私が大切にしていること

気持ちよく仕事を続ける事はもちろん大切ですが、

その人のキャリアなども考慮してあげる必要があります。

つまり、「今の心境」だけで、全てを判断してはいけないという点です。

 

例えば、、、

タダ簡単に「辛いなら辞めたら?」なんて、誰でも言えるような無責任なアドバイスは絶対にしません。

 

私が大切だと思っている事は、

数年後に

「あの時にカウンセリングを受けてて良かった!」

「あのカウンセリングが、良いきっかけだった!」

と思ってもらう事です。

 

そのために、あらゆる可能性を考慮して、カウンセリングさせて頂いています。

 

私は、転職サポートのプロではない

「職業」カウンセラーと言っても、転職のサポートは行っていません。

一時期は、転職先を一緒に探す手伝いもしていましたが、今は完全にゼロです。

 

その理由は、

実際に転職をサポートするとなると、その業界の転職事情について詳しくなければいけないし、

膨大な数の施設情報を把握できていないといけません。

 

あいまいな知識のままで、変な職場を紹介するリスクがあるからです。

 

職業カウンセラーが、転職先の紹介までを全て行うとなると、正直なかなか厳しいし、

何より、質の高いサポートを提供できるはずがありません。

全てが中途半端になります。

 

もし転職先を探す必要がある場合は、

決断ができたタイミングで、人材紹介会社にバトンタッチするところまでが私の仕事です。

 

仕事を辞める人が活用できる制度を紹介する事も

看護師の仕事をそのまま続ける人や、他の病院に転職する人もいれば、

少数ですが「もう看護師を完全に辞める」と決意する人もいます。

 

しっかりと将来の事も考えて決断していれば問題ないですが、

一番私が嫌な事は、あとから後悔する事です。

 

なので、もし、失業保険が適用できる人であれば、

看護師を完全に辞める決断は一旦保留にして、

一定の収入を維持しながら、考える時間を作ってもらう事もあります。

 

社会保険に1年以上加入していれば、失業保険を活用できます。

 

対象は1年以上、現在の職場で働いていた看護師さんです。

もし、失業保険を活用したいなら、最大受給額をもらえるように申請方法などをサポートしている「 給付金サポート 」サービスが有用です。

 

サポートを受けるメリットは、

自己申請なら3ヶ月〜6ヶ月程度の受給が最大で28ヶ月受給できたり、最短の時間で手続きが完了できる点です。

また、費用は、受給額から支払えて、金銭的なデメリットが一切ないので、私の立場からも勧めやすいサービスです。

 

 

これまでの経験からわかった事

これまで、多くの看護師さんをはじめ、いろいろな医療・介護スタッフの職業カウンセリングを行ってきましたが、

実際に転職を果たすのは、半分くらいです。

 

残りが、今の職場を我慢しながら続ける人で、完全に辞める人(離職)はやや少ないです。

柏原マイ
もし離職するなら 失業保険の活用 をおすすめします。

 

丁寧な転職サポートを受けた人が転職の満足度が高い

転職を果たした場合は、必ず、数ヶ月後に再カウンセリングを組んでいただくのですが、これまでの経験のなかで一つ気づいた事があります。

 

丁寧な転職サポートを受けて、転職していった人達は、自分の特性に合った職場に就職し、いずれ私のカウンセリングを自ら「もう必要なくなった」と言います。

特に、20代〜30代前半までの方は、その傾向が顕著で、満足度も高いです。

 

若い看護師さんは、「積極的に転職を考えても良いのかな。」というのが、私のこれまでの経験から思う事です。

 

 

辞めたいと思っている看護師は多いが、、、

辞めたいと心の奥底では思っていながらも、

  • 辞めてはいけいない
  • 頑張らないといけない

という感じで、視野を狭くしている看護師さんが特に多いです。

 

特に、若いころ一度も現場を離れる事なく頑張り続け、

現在30代中盤に差し掛かる中堅看護師さんは、カウンセリングが長期におよぶ傾向にある印象です。

中堅以上の看護師さんでも、若いうち(新人〜3年目くらい)に転職経験があると、視野が広い傾向にありますね。

 

根本原因の多くは人間関係と労働条件

医療・介護の仕事を辞めたいと思う背景にあるのは、主にふたつです。

  • 人間関係
  • 労働条件

この二つは密接に関わっています。

労働条件が悪ければ、心に余裕がなくなり、スタッフ間の関係性は悪くなります。

ミスをした人に対して、心ない言葉をかけてしまうのは許される事ではありませんが、

忙しくて余裕がないなかで、周囲を気遣う余裕がなくなるのも理解できます。

 

この状態が続くと、「優しい人」から辞めていきます。

すると、気の強い人の割合が大きくなり、結果的に人間関係の悪い職場が形成されます。

 

人間関係が悪ければ、お互いをサポートしあう事はなくなるので、仕事効率が悪くなります。

一人の想いで、この環境を改善させる事は難しくなります。

 

もし、この悪循環に当てはまる職場なら、頑張るより、職場を変える方が手っ取り早いです。

 

管理職の方には、この環境をどう改善させるかアドバイスをしますが、

新人、若手の介護職の方には、もっと良い環境で働いた方が自分のためになるとアドバイスする事が多いですね。

 

 

 

心機一転!現状を変える事が大切なのかも

「心機一転、気持ちをリセットして新しい職場で頑張ろう!」

という勇気を与えられるようなカウンセリングを行うと、深い悩みを抱えていた人も、人が変わったように明るくなるなと感じています。

 

ちなみに、

これまでの経験のなかで、

転職支援を行っている人材会社のなかで、「ここの担当者は、本当に頼れるな」と確信しているのが、以下の転職サイトです。

  • リッチマン介護サービス

 

他を紹介する事もありますが、リッチマン介護サービスが7割以上です。

 

その理由は、

私のクライアントで、一番、悩みが深くて辛い状況だった介護士さんの転職をサポートしてもらった時に、

とても丁寧にサポートしてくれているのを近くで見ていたからです。

 

私のなかでは、一番信頼度が高い転職サイトです。

柏原マイ
迷って、決めかねているなら、 リッチマン介護サービス がおすすめですね。

 

職業カウンセラーがおすすめする介護士転職サイト3選

ここ最近のクライアントに対しては、他を紹介する事はなくなりました。

もし、転職支援を受けたいと考えている人は、この3社から選ぶと良いと思います。

 

しっかりと支援を受けた看護師におすすめの転職サイトです。

 

  • 介護業界で働きいたい無資格者に優しい転職サイト
  • 介護の資格を持ってなくても「少しは経験ある」という人はサポートを受けられる
  • サポートの一つに資格取得の受講料負担軽減のための転職祝い金制度がある。

特徴&おすすめポイント

介護職の求人数は業界トップクラスで、無資格者の高時給・高給料求人も扱っている。新規参入者に最もおすすめの介護職転職サイト。介護職の転職サイトとしては、還元率NO.1で、転職祝い金(転職支援金)は、最大20万円となっている。他に類を見ない手厚さが魅力。

この祝い金制度は、今から介護の資格を取得したいという人への受講料負担軽減のサポートの気持ちが込められているらしい。資格取得後は、より好条件の求人を紹介してもらう事もできるので、無資格者にかなりおすすめです。

 

 

このブログは、少しでも役立つ情報を発信できたらと思って始めたものです。

当サイトから、職業カウンセリングの申込みは受けていませんが、

一人でも多くの方が、悩みのせいでキャリアを台無しにはして欲しくないと思っています。

この記事を読んでくれてありがとうございました!

 

 

投稿日:

Copyright© 転職サイトかたろぐ , 2021 All Rights Reserved.