「一生懸命な姿勢」を上手く伝える魔法の言葉集

更新日:

一生懸命である事を伝える事ができずに損をする人がいます。

逆に、まるで人一倍努力家であると思われる人がいます。

せっかく努力したのに、この努力をアピールできなければ勿体ないです。しかし、人より努力したというのを自分で言うほど愚かな事はありません。

一生懸命である事を伝えるというのは意外と難しいものです。

自分がどれだけ「努力をしてきたか」「これからも努力する人であるか」を面接という短時間で伝えるためには、一生懸命である事を彷彿とさせる言葉やキーワード(フレーズ)を上手に使い必要があります。

ここでは、「一生懸命です!」だけでは伝わらない、「一生懸命さ」を上手く面接官に伝える魔法の言葉集を紹介していきます。

自分にあったフレーズやキーワードをチョイスして、就職・転職時の採用面接に活かして下さい。

 

一生懸命な姿勢をアピールする言葉

一心不乱に

使用例▽
苦手な事を克服したくて、一心不乱に取り組みました。
一心不乱に勉強に取り組み、今では得意分野の一つになっています。

柏原マイ
集中すると、ブレる事なく全力っで取り組む姿勢を表現できます。しかし、周囲の空気が読めない人と思われる可能性もあります。苦手な事にも取り組むという姿勢を見せたい時に使える言葉です。

 

命がけで

使用例▽
与えられた仕事は、どんなことも命がけで取り組みます。

柏原マイ
責任感を持って取り組める人である事をアピールする時に使える言葉です。

 

寝食を忘れて

使用例▽
一度取りかかると、寝食を忘れて取り組む性格です。
寝食を忘れて勉強に没頭した結果、念願の◯◯資格を取得する事ができました。

柏原マイ
一心不乱と同じような使い方ができる言葉です。「寝食を忘れて」は「プライベートの時間を割いてでも」という表現に用いる事ができます。「一心不乱」はどちらかというと業務中・取り組み中の集中度を表現し、「寝食を忘れて」は集中の持続度を表していると考える事ができます。

 

精魂込めて

使用例▽
絶対に成功させたいという重いから精魂込めて開発に取り掛かりました。
この課題には特別な思い入れがあったため精魂込めて取り組みました。

柏原マイ
仕事に対する丁寧さを表す時に使える言葉です。何かに取り組む際に、丁寧・誠実な姿勢で取り組む事を表現したい時に使って下さい。

 

精を出す

使用例▽
休日をただの休みとして過ごすのではなく、資格取得のための学習に精を出しました。

柏原マイ
結果や成果をアピールする時に嫌味が出ないように丁寧に表現する時に使える言葉です。「◯◯について努力しました」と表現するよりもm「◯◯に精を出しました」の方が、独りよがりと思われず努力する姿勢をアピールできます。

 

全身全霊で

使用例▽
採用されたあかつきには何事にも全身全霊で取り組みます。
与えられた仕事は、全身全霊、精一杯努力します。

柏原マイ
一生懸命と似たような意味合いですが、もう少し強く表現したい場合に使えます。面接の最後に一言求められた時に、最後とのピーアールなどでも使えます。頻発すると稚拙になってしまうので気をつけて下さい。

 

無我夢中で

使用例▽
無我夢中になって練習し、県大会では◯◯という成績を収める事ができました。
締め切りを遅らせないために無我夢中で取り組んでいます。

柏原マイ

 

面接という短時間で、自分の意気込みや努力する姿勢をアピールするのは簡単な事ではありません。上手く伝えられなければ、努力する姿勢がみられないのと同じ事です。

自己ピーアールする際には、ピーアールしたい内容をシンプルに伝える事と、適切な言葉を用いて表現する事です。

面接場面では、実績のアピールは必要ですが、履歴書に書かれている以上の事を面接官に求められてもいないのに話してしまうのはリスクがあります。

できるだけわかりやすく手短に話す事と、どのような姿勢で取り組んだのかを適切に表現する事が重要です。

「一生懸命な姿勢」を伝える事ができる言葉はまだまだ沢山あり、あくまではここで紹介したのは一例にすぎません。

 

面接の際は、上手に「熱意・意欲が伝わるワード」を使って、自分を上手に表現して下さい。もちろん、履歴書作成時にも同じ事が言えますので、その際も参考にしてみて下さい。

-転職・就活に活きる自己PR法, エントリー

Copyright© 転職サイトかたろぐ , 2019 All Rights Reserved.