このページは、医療職が専門の職業カウンセラー柏原と、辞めたいと悩む新人護師のカウンセリングを紹介するサイトの1ページです。

6.看護師転職のよくある失敗ケース・失敗パターン

更新日:

「まず辞めてから、転職活動をはじめる。」と考えている看護師がいますが、一旦辞めて、落ち着いてから転職しようとすると、ほぼ間違いなく転職に失敗します。

転職経験がない新人看護師が、独り単独行動した場合もリスクが高いです。

何を注意するべきか、どのように動くべきかが分からないとために無駄な労力を使う事になる場合もあります。

そして、転職サイト選びや登録のタイミング(遅すぎる)で失敗する人もいます。また、優秀な担当者をつけきれずに転職活動がスムーズにいかない人もいます。

ここでは、新人看護師の転職で失敗に陥りやすい典型的なケースを挙げながら対策を紹介していきます。

 

今の職場を辞めてから、転職活動を開始する。

ゆとりがある状況で、時間をかけながら転職先を吟味したいと考える看護師もいるようですが、転職活動は、実際に動き出してからすぐに求人がみつかるわけではないので、しばらく待機する時間があります。

退職後に待機時間が長くなる事は、無収入の期間が長くなるという事です。

無収入の期間は貯金を切り崩しながら生活していく事になりますが、少しずつ減っていく通帳を目にすると、「どんな仕事でも良いから収入源が必要!」となってしまい、割に合わない条件でも働かざるえない状況に追い込まれたりします。

なかなか良い求人が見つからない状況では、理想の求人に出会うまでは待ちたいという気持ちがあっても、お金事情により選んでいられなくなります。

転職で失敗する典型的なケースは、転職活動にかかる時間を甘く見積もる事に由来しています。

在職中であれば、見送れる状況ですが、職がない状況では、適切な判断も難しくなります。転職活動は、絶対に在職中にはじめる事をおすすめします。

 

転職雑務が多すぎて疲弊したり、思わぬミスも、、、。

在職中に転職活動をする必要はありますが、それだと、仕事が休みの日にしか動けません。

特に、シフトの急な交換などが入ったりする可能性の高い職場の看護師は、転職雑務で失敗するケースがあります。

転職雑務というのは、履歴書を作成したり、転職先に問い合わせたり、面接日程調整や、実際の面接、職場見学などがあります。他には、転職が決まってから、職場への退職手続きなども含まれます。

やる事が多い上に、「先方とのスケジュール調整も」となると、かなり面倒です。

転職活動をサポートしてくれる担当者をつけられれば、こういった転職雑務の代理可能な範囲の事については丸投げが可能です。

また、担当者の方から、「履歴書はいつまでに制作して下さい。」「職場への提出書類は準備できていますか?」など、声かけも行ってくれるので、独りだと起こってしまう単純ミスも、未然に防ぐ事ができます。

また、面接の調整などでは、こちらの都合が合う日をピックアップして、担当者に面接日程を調整してもらう事もできたりするので、初めての転職者にはかなりこころ強い存在となるはずです。

逆に、独りで動くという事は、このようなサポートを受ける事ができずミスを犯す可能性があるという事です。

 

転職サイトへの登録が遅すぎる。

転職サイトへの登録を後回しにしてしまう人がいます。

何より、まず先に転職サイトに登録し、担当者と一緒に転職活動を進めていくべきなのに、なんとなく自分の頭の中だけで物事を進めてしまっている人がいます。

いくら転職サイトに登録したとしても、焦って求人を紹介してもらおうとすると、条件に合致する求人を紹介してもらえる可能性は低くになります。また、転職者が増える、年始の時期や、夏のボーナス終わりから秋口にかけた時期は、ライバルも多くなります。

思っているよりも早めに動かないと、転職活動は難航します。

一つの目安ですが、転職希望日の3ヶ月前までには登録しておいた方が良いです。理想としては、半年を切った時点から動き出せると確実です。

新人看護師が転職を検討している場合は、じっくり考える時間も必要になるので、半年以内を目安にして、転職サイトへの登録が遅くなりすぎないように気をつけて下さい。

 

腕の良いエージェントを担当につけていない。

転職活動は、担当者の能力に大きく左右されます。

病院への問い合わせや交渉を代行してくれるわけですから、やはり経験豊富で人間性としてもしっかりしている人が理想です。しかし、転職サイトのエージェントが全員、優秀であるわけではありません。

それどころか、社員教育が行き届いていない会社のエージェントの場合は、転職活動でトラブルになる場合もあります。

転職を確実に成功させるためには、腕の良いエージェントを担当につける事が重要になりますが、最も確実な方法は、実際に優秀な転職エージェントにサポートしてもらった人に直接紹介してもらう事です。

この方法なら、ほぼ確実で、敏腕エージェントを担当につける事ができます。

ただし、この方法は、周囲に転職サイトを利用した事があり、敏腕担当者にサポートしてもらった人がいる場合の話なので、自力で腕の良いエージェントを探すのは簡単な事でないのも事実です。

そこで重要になってくるのが、大手の看護師転職サイトから選ぶ事です。

転職サイトかたろぐで紹介しているランキング上位のサイトから選ぶのもおすすめですし、相談者が利用した転職サイトである「 マイナビ看護師 」もおすすめ転職サイトの一つです。

 

看護師辞めたいと悩む相談者が利用した転職サイト

マイナビ看護師

  1. 転職会社の最大手マイナビが運営する看護師の転職サイト
  2. しっかり話を聞いて条件に合う職場探しを行ってくれる
  3. 医療業界への強いコネクションにより、広範な病院情報をもっている
  4. 多数の非公開求人(ハイクラス求人)を掲載

マイナビは医療職の転職サポート事業にかなりの力を入れており、その中でも看護師の求人・転職は最も力を入れている分野。大手企業が運営しているので、安心して利用できるのもマイナビの魅力。

看護師を継続する事が辛いと感じている人には、しっかりと話を聞いてくるタイプのマイナビ看護師のような転職サイトが最適。

柏原マイ
私が1番信頼している会社です。
どれを選べば良いか迷っている人におすすめです。

もし、

「マイナビ看護師を使ってみたけど、タイミング悪く条件にマッチする求人が探せなかった」という場合は、看護ルーもおすすめです!

関東・東海・関西となりますが、質が高いです。

看護roo!(カンゴルー)

カンゴルー
  1. 地域限定(関東・東海・関西)の特化型転職サイト
  2. 質の高さ・非公開求人の数・転職サポートの三拍子が揃った超優良転職サイト
  3. 利用者の満足度の高さが、転職支援の実了を証明

全国対応でないため、全ての看護師が利用できないのが非常に残念。支援を受けた人の満足度の高さは随一。求人の質が高く、非公開求人も多数掲載されているので、転職サポートエリア内の看護師は登録必須。

柏原マイ
実は、マイナビ看護師以外で、次に紹介が多いのが看護ルーなんです!

最新の看護師の転職サイトランキングを掲載中

Copyright© 看護師辞めたい , 2021 All Rights Reserved.