新卒3年目前後・20代の転職はあり?なし?

更新日:

近年は、これまでの日本の風潮であった

「一つの会社に長く勤める」

「生涯、その会社に貢献し続ける」

という働き方は、薄れつつあります。

以前よりも、キャリアップのための転職という言葉に違和感を感じる人が少なくなっているのは間違いありません。

さらには、老舗企業の倒産なども出てきており、一社で働き続けたいと思っていても転職を余儀なくされる人も大勢います。

ただし、新卒者の早期退職・転職に対してのイメージは、以前とそう大きくは変わりません。

やはり、入職して間も無く辞めた人が求人応募をしてきても企業の採用担当者は、「また短期で退職してしまうのでは?」と思うのも当然です。

「仕事に対する熱意が薄い」だとか、「根性がない若者」というような目で見られてしまいがちです。

ただ、これは逆に、

20代の転職は、優れた技能を持っていなくても、仕事に対する意気込みとか、熱い想いを伝える事ができ、それを認めてもらえれば大丈夫という事を意味します。

30代に差し掛かる頃には、それなりに能力の高い人・特定の分野の経験者・ビジネスマナーがある人というふうに見られるようになっているので、ハードルが高くなってしまい、若い時の方が転職には有利だったりします。

色々な資格を取得していたり、特殊な技能を有している人にとっては、年齢が転職活動の大きな妨げになる事はほとんどありませんが、そうでない普通の人にとっては、遅くなればそれだけ転職しにくくなる現状があります。

これは、サラリーマンやOLなどの一般職でも、専門職でも、傾向としては同じ事が言えます。

特殊技能、他より頭抜けたスキルを所有していなくても、熱い想いがあれば転職できるのが、20代の転職の特徴です。

 

20代の転職はポジティブなイメージを持たれる事が重要

では、早ければ早いほど良いのか?というと冒頭でもあげたように、入職間もない転職は、ほぼ間違いなく評価が落ちます。

特に人気の企業や会社などでは、「相当に厳しい」と言わざるをえません。

一般的なイメージは、「3年以上勤務して、それから転職」というのが、20代のポジティブな転職のイメージです。

これより短いと、ネガティブなイメージを持たれやすくなります。

「一般的なイメージってなんだか説得力がないな。」と思う人もいるかもしれませんが、実はこのイメージが非常に重要です。

転職に早い・遅いなんて、明確な線引きはありません。その人がしか分からない事情というのもあります。

だから、早い・遅いを明確に判定できる人なんていないんです。

 

誰も、本当の事が分かり得ないというのがポイントで、

多くの人が持っている(特に現在の企業採用担当者の年齢層の人たちが持っている)イメージというのが、一応の基準になる事が多い事を理解しておく必要があります。

柏原マイ
少し冷たい言い方ですが、これが理解できないなら、大人になれていない証拠です。

そんな人は、もう少し、今の職場で頑張ってみる事をオススメします。

 

つまり、3年以内の転職の場合は、ネガティブなイメージを持たれやすい傾向にあり、より転職への熱い想いを採用担当者に伝える事ができなければ負け戦という事です。

 

ただし、特殊技能・資格を有していなくても、コミュニケーション能力が高かったり、自己PRがうまい人なら、3年以内も絶対にNGではありません。

柏原マイ
もし、3年目以内の転職を考えているなら、まずは身近な人に相談してみる事が重要です。

転職サイトの担当者に相談してみるのも有りですね。

彼らはこの道のプロなので、3年目以内の転職の対策などを相談してみるのも転職サイトの賢い使い方です。

 

自分の魅力を伝える事ができて、採用担当者が持つ、ネガティブなイメージを覆せるという意気込みがあれば、「3年以内の転職」を尻込みする必要はありません。

ただし、見切り発車で動くのは危険なので、3年目以内の転職を考えている人は、まずは身近な信頼できる人に相談してみましょう。

できれば、その業界の転職事情に精通している人が良いです。

同僚とか、1,2年先輩程度の人に仕事に対する愚痴は聞いてもらっても、今後の人生が決まる事のアドバイスをもらうのは、それこそ軽率です。

もし、周囲に相談できる人がいなければ、転職サイトの担当者に相談してみましょう。

しっかりと現状を説明して、

「転職すべきかどうかで悩んでいる」

という事を伝えてみて下さい。

その道のプロが、きっと的確なアドバイスをしてくれるはずです。

ただし、転職サイトの中には、あせって転職を急かす会社もあるので、その点は注意が必要です。無名の会社や、「転職」の良い側面ばかりを言うような会社は避けた方が無難です。

どれを選べば良いか分からない人は、該当する職業・職種のおすすめランキングか、もしくは、マイナビ転職をおすすめします。

 

マイナビ転職なら転職を急がせる事もなく、じっくりとその人のペースに合わせた転職サポートを行なってくれるので、転職未経験者にはかなり頼りになるはずです。

  • 入職して間もないのに転職を考えている人
  • 3年目以内の転職を考えている人
  • 20代前半で転職を考えている人

ここに該当する人は、すぐに転職を決めるのではなく、まずは相談する事からはじめてみて下さい。

 

 

ちなみに、、、
無資格・未経験領域の転職の場合は違う!

転職のなかには、「同職種・同業種への転職」の場合と、「未経験領域への転職」の場合があります。

「未経験領域への転職」で、なおかつ、その分野がより専門性の高い仕事であれば、早ければ早いほうが良いです。

例えば、一般職から、IT系(プログラマー、エンジニア、WEBデザイナーなど)への転職を考えている場合、「20代後半でも遅い」と判断される場合があります。

未経験者なら、30代に突入した時点で対象外となる事も少なくありません。

看護師で言えば、休日多め・残業なし・高年収が狙える「美容外科クリニック・美容外科への転職」の場合で、30代後半がギリギリとされていますが、確実に20代の方が優遇されます。

つまり、未経験領域への転職か、同職種内での転職かによっても、転職のタイミングは変動する事があるので、自分が考えている転職が、どれに当てはまるかを考えておいて下さい。

まとめ

新人〜3年以内の退職・転職は、ネガティブなイメージを持たれやすく、不利な側面がある。
一般的なイメージでは、3年目を境界に、ポジティブな印象が大きくなる。

3年目以内でも、採用担当者に「ポジンティブな印象」を持たせる事ができれば、転職できない事はない。

経験している領域への転職であれば、中堅クラスは優遇される。
しかし、特殊な技能・スキルを求められる可能性があり、ハードルは高くなっている。

未経験領域への転職は、20代ですませることが重要。

柏原マイ
あなたが考える転職が、どこに当てはまるかを考えて、転職のタイミングを考えてみて下さい。

-転職関連情報, エントリー

Copyright© 転職サイトかたろぐ , 2019 All Rights Reserved.